トップ

相続と葬式の関係

葬式費用はどこから出すのか

葬式費用は誰の負担になるのか

肉親や身内が亡くなってしまい、喪主を務めることになった方にとって、喪主の経験が何度もあるという方は少ないですから、初めて喪主を務めることになるという方も多くいらっしゃると思います。
葬儀にあたる事柄のすべてが初めてのことばかりで困惑してしまう方も多いと思いますが、初めての場合に分からない事柄として、葬儀の費用は誰の負担となるのかという部分が挙げられます。

葬儀費用を負担する方法としては、参列者の香典から負担する方法と、故人の遺産から費用を負担する方法の2通りが主なものとなっています。
葬儀費用の負担方法は身内同士で事前にきちんと決めておかないと、後々遺産の相続問題へと発展してしまう可能性もあるので、注意しておく必要があります。

相続問題を弁護士に相談するならこちら。

2つの方法のうち、より一般的なのは参列者の香典から費用を負担する方法となっています。参列者による香典を主に使わせていただいて、もし足りなかった場合には遺産から足りない部分を補てんするという形が一般的となっていますね。

もし、香典や遺産を合わせても足りないような場合には、遺産の相続人が相続分に応じて葬儀費用を負担することになります。また、故人の交友関係などにふさわしくないほどの華美な葬儀や規模の大きな葬儀を身内の希望で執り行う場合には、葬儀費用は香典からの負担や遺産からの負担ではなく、身内による自己負担とするのが一般的となっています。

なお、法律的に考えると葬儀の際における費用の負担方法は、どのような方法で行っても違法性があったり法律的に問題になるようなことはありません。ですから、葬儀を行う際の状況などに応じて、臨機応変に費用の負担方法を変更しても良いということになります。

Copyright © 葬式費用はどこから出すのか. All rights reserved.